ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 伊藤園 | main | プロが教える初心者でもできる100万円の作り方 >>
2015.06.05 Friday

日経平均株価の動き(平成27年06月05日)

5月の日経平均の連騰は、今週12連騰で止まったが、バブル時と同じ連騰記録を残しました。バブル時1986年3月1日〜3月15日(12連騰)、8月7日〜8月20日(10連騰)、1988年2月10日〜2月27日(13連騰)の記録が残っています。1986年8月7日〜8月20日(10連騰)の後9月〜10月の2ヶ月調整したが、その他の記録後は上昇は続いていました。12連騰したからと言っても高値圏とは言えなかった。

相場格言に「まだはもうなり・もうはまだなり?」とあります。今は高値警戒・強気入り交じっています。前週に続き、銀行株や証券株には高値更新が見られます。または上昇基調で高値を維持しています。銀行株は日経平均に対して先行性があります。銀行株が上昇基調を維持している間は、日経平均は下げずに上昇相場は続きます。

先行性と言うのは、銀行株が10日〜25日移動平均線を下回ると、次は日経平均が下がると言う先行指標になる事です。今週は上昇基調を維持しても2000年高値20830円を上回れなかったが、来週6月SQに向けて20830円を上回って引けるか。上回れず戻り売りに転じてしまうか。引き続き、強い上昇基調と高値警戒しながらの相場観察は続きます。

20800円〜21000円に乗せてくる事ができれば、次は1996年高値22750円を目指す展開へギアチェンジする可能性あり。2000年高値20830円を上回れないと高値警戒感から売られる心配はありますが、20000円をキープしていれば上昇基調は持続していると見る事ができるので、20000円を維持できるかどうかが判断ポイントです。

6月SQに向け20830円を目指すか。またSQ明けてどう動くか。20830円を上回れば強い局面に向かうと判断される節目です。上回れるか、上回れないか。観察のポイントです。2000年高値20830円を上回れば、次は1996年高値22750円を上値目標とする上昇へ。1996年22750円を上回ると事実上、青空天井相場となります。いつかこういう相場局面が来る事に期待したい。

相場を牽引しているのは、日米中経済であり為替動向です。国内はアベノミクス成長戦略、日銀の異次元金融緩和の継続政策。米国はNYダウの高値更新が指標となり、米国経済の好調と金利政策です。引き続き、この状況が変わらない間は下げたところは買い場になりそうです。

5月末で2016年業績予想は出揃いました。個別株は円安メリット・好業績割安株・底値立ち上がり・上昇基調の押し目待ち・有望銘柄の中から押し目狙い。こんな感じが絞り込み条件でしょうか。人気ある株は上昇基調で時価総額が高い株です。日経平均の上昇相場を確認しながら個別株の動きを観察しながらの判断です。
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album