ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.11.21 Saturday

初心者でもできる投資法

これから投資をしなくてはいけない時代になって行きます、日本の義務教育や高校、大学で投資の授業(大学の経済学部除く)がないのはおかしいんです。

その中で投資がなぜ必要かを説いている、分かりやすい動画があります。

初心者でもできる投資法 「7年で資産を倍にする方法」

https://www.youtube.com/watch?v=hThWGaUpdV8
(WEBにコピペして見て下さい)


(私はここの塾に入っているわけではありません)

私の投資先は

「日経225先物」と「くりっく株365」です。

http://www.monex.co.jp/Etc/00000000/guest/G800/beginner/index_nk225.htm
(WEBにコピペして見て下さい)
日経225先物は、「日経平均株価(日経225)を対象とした株価指数先物取引」です。

「くりっく株365」は日本で初めての公的な取引所による株価指数証拠金取引です。 国内外の株価指数を少額から、日中はもちろん夜間でも取引することができ、配当を受け取ることもできるなど、従来の金融商品とは異なるさまざまな魅力を持っています。



2015.11.09 Monday

日経225先物トレード塾



手持ちの現株も少しづつ暴落前の価格に近づいて来ました。

元値に近づいたら損切りになっても全株を決済しょうと思います。

前々からやりたかった『日経225』を10月から本格的に実践していて、『日経225』一本に絞ろうと思っています。

株の塾(スクール)、日経225の塾も数え切れないほどあります、私が入塾した中で絶対的にお勧めの

塾を紹介します(興味の無い方は関係ないでしょうが・・・)

入塾の費用は・・・高いです・・・が、元は取り返せます。

『日経225先物トレード塾』

http://nikei225.com/

興味のある方は、無料動画、メルマガを見てください。
2015.11.08 Sunday

年金はいくらもらえる?

http://www.otoshi.net/pension/pension.html

65歳まで働き続け、しかも30歳代からの自助努力は必至!

年金受難世代である30歳代の皆さんが、リタイア後の収入を確保するためにすべきこと、考えておくべきことを挙げてみたいと思います。

■少なくとも65歳まで働く・・・66歳から自由な時間?


最初にも触れましたが、30歳代の方は65歳からしか年金が出ない世代です。従って60歳でリタイアしてしまうと収入について「空白の5年間」が生まれてしまいます。年金は会社員や公務員であった期間が長ければ長いほど、また給料が高ければ高いほど、受け取れる額が多くなるシステムになっています。少なくとも65歳までは働くことで、給料収入の確保と年金増額の両方が可能となります。

■妻に働いてもらう・・・嫁さんがいなかったら?

妻が専業主婦でいるよりも、働いている方が夫婦としての収入は増えますし、妻も厚生年金に加入することで妻の年金も増えます。仮に妻が正社員でなく、厚生年金に加入していないパートやアルバイトで働いたとしても、現役時代の収入アップに寄与してくれます。収入アップ分を老後のために積み立てすることも可能となります。

■自分年金を作る・・・貯金がなかったら?

不足を補うために自分年金を作ることも検討してみたいですね。具体的には確定拠出年金(401K)や個人年金保険、財形年金貯蓄(勤務先に制度があれば)に加入するということになります。自営業者の方は、国民年金基金や小規模企業共済という制度もあります。商品毎にさまざまな特性がありますので、皆さんの状況に応じて選択されれば良いと思います。

単純に銀行や郵便局で積み立てをしても良いと思います。はっきりしていることは、早く始めることで無理なく貯めていけるということです。できるだけ早く無理ない金額で自分年金(老後の生活資金)作りをスタートさせましょう。

30歳代は現状のシステムが変更しない限り、老後の支出を年金だけで賄うことは非常に困難です。「何らかの自助努力が絶対必要な世代」、それが今の30歳代ということだけは間違いなさそうです。
2015.10.25 Sunday

株式投資人口

35年前、パソコン、携帯電話、スマホも無い時代からなぜか証券会社の取引は『カブドットコム』でした。

日経新聞、雑誌でしか株の知識は得られませんでしたが、今の時代、スマホで画像を見ながら取引が出来るなんて想像もしていませんでした。

良い時代です!

株を始めた時代?貯金金利は8%を超えていました、5000万円の貯金があれば金利だけで一年400万円の所得、税金もかかりませんでしたから、その時代高給取りの年収に匹敵です。

株をはじめた時、私の部落にスーパーカブに乗って証券会社に通っている一人おじさんがいました。

そのおじさんいわく『株は良い』一言でした。

今貯金金利0.02〜ちょい、所得税20%引き、100万貯金していくらになります?・・・

株で儲ける人は10%しかいないと言いますが、ちょっと違います。

大儲け、個人トレーダーは10%位かもしれませんが、貯金金利程度の儲けの人は80%もいることを誰も言いません。

株式投資人口は1,200万人います、その中で年齢別に見ると

20〜24歳 0%、25〜29歳 7%、30〜39歳 30%、40歳〜年寄り残り63%

驚きでしょ?24歳以下の人は0人、0人ですよ!

日本の人口約1億2000万人、で24歳以下の株式投資は0だから25歳以上の人口は約8000万人、とすると25歳以上の人100人の内15人の人が、何だかの形で株を保有してることになります。

http://kagamino.jp/joyful/joyful.cgi

2015.06.12 Friday

プロが教える初心者でもできる100万円の作り方


勉強になりますよ!


https://www.youtube.com/watch?v=1W2NwPcFUVQ

2015.06.05 Friday

日経平均株価の動き(平成27年06月05日)

5月の日経平均の連騰は、今週12連騰で止まったが、バブル時と同じ連騰記録を残しました。バブル時1986年3月1日〜3月15日(12連騰)、8月7日〜8月20日(10連騰)、1988年2月10日〜2月27日(13連騰)の記録が残っています。1986年8月7日〜8月20日(10連騰)の後9月〜10月の2ヶ月調整したが、その他の記録後は上昇は続いていました。12連騰したからと言っても高値圏とは言えなかった。

相場格言に「まだはもうなり・もうはまだなり?」とあります。今は高値警戒・強気入り交じっています。前週に続き、銀行株や証券株には高値更新が見られます。または上昇基調で高値を維持しています。銀行株は日経平均に対して先行性があります。銀行株が上昇基調を維持している間は、日経平均は下げずに上昇相場は続きます。

先行性と言うのは、銀行株が10日〜25日移動平均線を下回ると、次は日経平均が下がると言う先行指標になる事です。今週は上昇基調を維持しても2000年高値20830円を上回れなかったが、来週6月SQに向けて20830円を上回って引けるか。上回れず戻り売りに転じてしまうか。引き続き、強い上昇基調と高値警戒しながらの相場観察は続きます。

20800円〜21000円に乗せてくる事ができれば、次は1996年高値22750円を目指す展開へギアチェンジする可能性あり。2000年高値20830円を上回れないと高値警戒感から売られる心配はありますが、20000円をキープしていれば上昇基調は持続していると見る事ができるので、20000円を維持できるかどうかが判断ポイントです。

6月SQに向け20830円を目指すか。またSQ明けてどう動くか。20830円を上回れば強い局面に向かうと判断される節目です。上回れるか、上回れないか。観察のポイントです。2000年高値20830円を上回れば、次は1996年高値22750円を上値目標とする上昇へ。1996年22750円を上回ると事実上、青空天井相場となります。いつかこういう相場局面が来る事に期待したい。

相場を牽引しているのは、日米中経済であり為替動向です。国内はアベノミクス成長戦略、日銀の異次元金融緩和の継続政策。米国はNYダウの高値更新が指標となり、米国経済の好調と金利政策です。引き続き、この状況が変わらない間は下げたところは買い場になりそうです。

5月末で2016年業績予想は出揃いました。個別株は円安メリット・好業績割安株・底値立ち上がり・上昇基調の押し目待ち・有望銘柄の中から押し目狙い。こんな感じが絞り込み条件でしょうか。人気ある株は上昇基調で時価総額が高い株です。日経平均の上昇相場を確認しながら個別株の動きを観察しながらの判断です。
2015.06.01 Monday

伊藤園

★伊藤園、16年4月期は2ケタ増益を予想、利益見込みは市場予想の平均を上回る
2015/06/01 18:01
 伊藤園<2593.T>が1日引け後、15年4月期の連結決算と16年4月期業績予想を発表した。 15年4月期決算は、売上高4305億4100万円(前期比1.6%減)、営業利益113億9300万円(同46.0%減)、純利益72億9200万円(同39.7%減)だった。主力のリーフ・ドリンク関連事業は、売上高3999億8600万円(同2.4%減)、営業利益77億800万円(同57.0%減)だった。原価低減や各経費の見直しに努める一方、一層のブランド強化のため広告宣伝や販促費を積極的に投入した影響を受けた。 16年4月期業績は、売上高4600億円(前期比6.8%増)、営業利益150億円(同31.7%増)、純利益87億円(同19.3%増)を予想。緑茶飲料発売30周年という節目を迎え、緑茶飲料のトップブランドである「お〜いお茶」のさらなる強化と「カテキン緑茶」「健康ミネラルむぎ茶」「TEAS’ Tea」などの個別ブランドを一層強化する。また、簡便性商品を中心としたリーフ製品の販売を拡充する方針。市場予想平均は、営業利益が140億円程度、純利益が77億円程度と見られていた。 1日の終値は、前週末比56円高の2746円。提供:モーニングスター社
2014.01.31 Friday

30日・・・


昨日までの下げで、今日は上がるだろうと・・・

それが・・・

▼376の下げ

一時は▼500・・・

今日(31日)のWEB予想では・・・下げ・・・

なんとかしてよ〜

こうなりゃ・・・

神だのみ。
2014.01.29 Wednesday

株、乱高下




24日 ▼304
27日 ▼386
28日 ▼25
今日
29日 △430

27日にダメもとで賭けに・・・

8銘柄、購入

どうなるか・・・





2013.05.10 Friday

日経平均416円高、大幅反発に5年4カ月ぶり1万4600円台回復

10日後場の日経平均株価は前日比416円06銭高の1万4607円54銭と大幅反発。終値での1万4600円台回復は、08年1月4日以来約5年4カ月ぶり。前場の好地合いを引き継ぐ形で買いが先行したあと、利益確定売りに上値を抑えられ、前半はもみ合い商状が続いた。中盤には株価指数先物にまとまった買い物が入ったのをきっかけに上げ幅をやや拡大し、一時はこの日の高値となる1万4636円81銭(前日比445円33銭高)まで上昇。その後は、やや伸び悩む場面があったが、引け際のインデックス買いに引き締まった。なお、日経平均ミニ先物・オプション5月物のSQ(特別清算指数)確定値は1万4601円95銭
Powered by
30days Album